2017.06.21 » 4年 前

https://www.youtube.com/watch?v=s5R3rb51jJo

鄭明析牧師の詩~【人生の道】詩集第4集より


「人生の道」 鄭明析
寝る所がなくて
私はここに来たのか
食べる物がなくて
私はここに来たのか
吹雪 冷たい風
過酷だ

人生の道 探しに
ここに来た
深い洞窟 岩の洞窟が
わが家ではない
険しい山も
寂しい所も
わが庭ではない
人生の道を探すため
ここで祈り
若い日に
この洞窟で過ごした

その人生
私を探して
御子が来られた
私に答えてくださり
ご自身が人生の道だと
ついてきなさい
私に学びなさいとおっしゃった
長い長い歳月
わが青春が過ぎるまで
学んだ

時になれば山で
山ぶどう サルナシの実 ぶどう
木の実を採って食べ 生活し
祈った
冬 食べる物がないから
木に巻きついた葛(くず)のつるを切って
噛(か)んで食べ
きりきり痛む腸を満たした

御子主
ご自身が人生の道だと
教えてくれて
真実に愛し
時代の御言葉を
学んで出てきて
わが兄弟たちに伝え
民族 世界に伝えて
ついてくる人と共に
一つの肢体になって
御子主の
愛の体となり
今日もかがやかしく
生きていく

 

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

・キリスト教福音宣教会(摂理)公式HP
・鄭明析牧師 公式サイト
・鄭明析牧師 詩サイト
・コミュニティサイトMannam & Daehwa