摂理芸術の詩の世界
2018.01.05 » 8か月 前

https://www.youtube.com/watch?v=3JrMLNfdNW0

鄭明析牧師の詩~【私の頭】詩集第3集より


「私の頭」 鄭明析
人は
心配を
すると
頭が
痛くて
頭が
熱い。
誰が私の頭
冷まして
来るだろうか。

山奥の
うさぎが
走ってきて
私の頭を
冷まして
来ると
持って
いったが
待ってみても
来ないので
山越え
追いかけて
行ってみた。

泉のところに
座って
いまだに
私の頭
洗って
冷まして
いた。
洗いすぎて
磨きすぎて
私の頭
ではない。

人は
いくら
頭が
痛くても
自分の頭
自分で
冷ます
べきだ。

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

・キリスト教福音宣教会(摂理)公式HP
・鄭明析牧師 公式サイト
・鄭明析牧師 詩サイト
・コミュニティサイトMannam & Daehwa