摂理芸術の詩の世界
2018.01.05 » 10か月 前

https://www.youtube.com/watch?v=Hu0jzcocGwI

鄭明析牧師の詩~【哀哭】詩集第3集より


「哀哭」 鄭明析
ひと時 ふた時 半時なのか。
こうなると
分かっただろうか。
地をたたいて
慟哭する。
天が崩れ落ちたと
うめき声
聞こえてくる。
どうしたらいいか
ため息
涙の川になった。
悲しい。
主の摂理
私の心情を
誰が分かって
荒布を着て
走り寄り
私と一緒に
悲しく泣く人
いるだろうか。

‐ドイツ エッセンで

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

・キリスト教福音宣教会(摂理)公式HP
・鄭明析牧師 公式サイト
・鄭明析牧師 詩サイト
・コミュニティサイトMannam & Daehwa