摂理芸術の詩の世界
2017.06.21 » 1年 前

https://www.youtube.com/watch?v=oRdNighMNtg

鄭明析牧師の詩~【クイナ】詩集第4集より


「クイナ」 鄭明析
やきもきして
目が惚(ほ)れ
心が惚れ
片思いをした時
湖の白鳥のように見えた
絶世の美女
そのように
美しくも見えた

それなのに
背を向け
未練なく
心を決め
去る時
私もやはり未練なく
心を決めて
見てみたら
田舎の村の水田に
あちらこちら
よたよた
品なく
みすぼらしく
歩いていく
クイナのようだ
山奥の
藁葺(わらぶ)き家の
かぼちゃの花のようだ

 

【詩人としての鄭明析】

1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

・キリスト教福音宣教会(摂理)公式HP
・鄭明析牧師 公式サイト
・鄭明析牧師 詩サイト
・コミュニティサイトMannam & Daehwa